美味しいコーヒーの淹れ方

YouTubeにて石かわ珈琲のコーヒーの淹れ方を動画でご紹介しています。
こちらもあわせて参考にしてください。

https://www.youtube.com/watch?v=N_ed7p3_rpY

ペーパードリップのポイント
 
できるだけブレを少なくするため。
 
粉全体にお湯の通り道を作り、粉の内部にまでお湯を浸透させ、成分を溶かし出す準備をするため。
 
時間をかけ過ぎると「溶け出し難い成分(苦渋味・えぐみ)=美味しくない成分」が増えてしまうため。
 
泡に吸着した雑味を落とさないため。


抽出方法(KONO円すいドリッパーを使用し、1杯分150cc抽出)
  1. シティロースト(中深煎り)のコーヒー豆18g(粗めの中挽き)を使用し、150cc抽出する。抽出時間の目安は約3分。
  2. ドリッパーにペーパーフィルターをセットし、挽いたコーヒー豆を入れ、揺すって表面を平らにならし、サーバーにセットする。
  3. 沸騰直後のお湯をドリップポットへ移す。湯温は約100℃から適温の90〜95℃前後に下がる。
  4. 粉の中心に、お湯を置くように低い位置から少しずつ注ぐ。粉全体にお湯が自然に浸透していくイメージ。抽出量が1/3(50cc)になるまで注ぎ続ける。
  5. 徐々に注ぐ量を増やしていく。500円玉の大きさの円を描くように細く注ぐ。お湯を注ぐ速さとサーバーに落ちる速さが同じ(釣り合っている)状態を保ちながら、抽出量が2/3(100cc)になるまで注ぎ続ける。100ccを超えたらさらに注ぐ量を増やし、150ccになるまで一気に注ぐ。
  6. 抽出量が150ccになったらドリッパーをサーバーから外す。

※コーヒー豆は、焙煎度が浅いほど少なく、深いほど多く使用します。
ミディアムロースト(中煎り)で15g、フレンチロースト(深煎り)で24gが目安です。
抽出速度や粉の粒度によっても変わりますので、好みによって調整して下さい。

※最も大切なことは「適正に焙煎された新鮮で高品質なコーヒー豆を購入し、淹れる直前に挽いて淹れる」ことです。